「果樹苗木専門の丸筑農園」苗木の育て方や植え込み方などをご紹介

23年度接ぎ木
接ぎ木準備

接ぎ木の準備

接ぎ木をする前の準備としてはまず、カラタチ台木の切り倒しから始めます。切り倒したカラタチ台木を片付けて、畝の土をかき出し、ある程度平らな状態にします。

接ぎ木準備

その後、台木を切り揃えて接ぎ木の準備は完了します。ここまでの作業のほとんどは、専用の機械で行っています。

ナイフで台木割り

接ぎ木

接ぎ木ナイフで台木を割り、そこにクサビ形にナイフで削ったホギを差し込みます。(一日に職人一人で、約4500~5000本程が台木割りの目安になります)

ホギ削り

ホギ削り

ホギは、一年生苗木の上部50cm程を使用します。ハサミで約5cm程に切り、接ぎ木ナイフで、クサビ形に削ります。

テープ巻き

仕上げ~完成

最後に、テープ(メーデル)で巻いて接ぎ木の作業は完成です。
接ぎ木作業は、一本一本丁寧に、手作業で行っています。
 本年度は11万本程、接ぎ木を行いました。

接ぎ木作業前 接ぎ木作業後
Copyright © 2010 MARUCHIKU-NOEN All Rights Reserved.